メイン

ソーラー

2011年1月21日

旭化成建材ナノルール Y15取り付け

P1000875.jpg

H金物で施工します。基本的に葺きながら施工となりますので、先方の瓦やさんと一緒に工事させて頂きました。

P1000876.jpg

瓦に穴をあけて工事しますが、陶器瓦より簡単に穴があきました。穴の部分をコーキング処理しております。

P1000873.jpg

2011年1月15日

Panasonic野地ぴた施工 太陽光で軽量化

101129_115302.jpg

Panasonicの太陽光野地ピタとクボタ松下外装のルーガを使用した野地ぴたを施工しました。

ケーミュー(クボタ松下外装)さんの話ですと、静岡県では弊社が2番目くらいにルーガの施工実績が多いそうです。ルーガは軽量で重さはカラーベストとあまり変わりません。 そこに太陽光を上から載せるのではなく、野地に直接せこうします。ですので重さのバランス(家の重心)もバッチリではないのでしょうか?

101126_093325.jpg

ルーフィングはイーグルガードを必ず使用しなければいけません。

101129_115400.jpg

今回はスッキリ仕上げる為に太陽光部分の谷には袖瓦を使用しません。

セットで入ってくる水切りを弊社の板金職人さんが加工して水が入らないように折り返しを付け加工しております。

ここは太陽光の職人さんだけではできない技ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

101129_115352.jpg

 

 

軒先もルーフィング下に板金を差し込んで施工しております。

2010年12月18日

藤枝市S寺太陽光9.998kw

藤枝のS寺の太陽光設置工事させていただきました。 SHARPの産業用のパネルを住宅用架台に設置しました。DSCF0906.jpg

お寺の屋根は反り屋根になっており、取り付けに心配があったのですが、SHARP側でかなり検証されたらしくしっかいおさまりました。このお仕事大手電気業者様●電社様のお仕事です。

こちらのS寺弊社で施工してり屋根の為お仕事の依頼を受けさせて頂きました。

DSCF0907.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常の住宅仕上がりよりレイアウトが1段ずつモジュールをのせる仕様になっておりましたので支持瓦の数が半端ではありませんでた。

DSCF0909.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHARPの場合は下地が木舞野地だとNGなんですが、こちらは出入の宮大工さんに合板を補強して頂きました。

DSCF0911.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モジュールを載せて完成です。 産業用なんで少しセルの形が違います。

2010年12月13日

三菱ダイヤモンドソーラー 支持瓦

P1000822.jpg今回は三菱のパネルです。通常は三菱さんだと、瓦屋根取り付け金具が支持金具工法になっておりますが、レイアウトによっては耐久性の強い支持金具より支持瓦が使用できます。

支持金具と支持瓦では、架台を支える支点が違うため強度がちがうそうです。(屋根技研より)支持金具は瓦と瓦の間から金具を出しますが、支持瓦は瓦そのものが支持金具の役目をはたします。

その為支点の多い支持瓦が強度があるそうです。
P1000817.jpgれと支持瓦は雨漏りの心配もありませんし三菱で取り付ける場合はレイアウトで使えれば支持瓦がお勧めですね。
ちなみにSHARPは標準で支持瓦工法です。

2010年11月10日

陸屋根シャープ

100922_110347.jpg 100922_105217.jpg

 100922_105227.jpg

掃除機でアンカーの中を掃除します。ケミカルを入れて24時間養生

をします。この養生時間が大切です。

大型ラフテレールクレーンで荷揚げをさせて頂きました。

 

 

下のようにモジュールが乗ります。

 

 

 DSCF0480.jpg