メイン

これまでの歩み

2008年12月25日

異国の上棟式

市民レベルでの国際交流の拠点の茶室が上棟式を  迎える事ができた。

ここまでこれたのも、職人、設計者、施主、現地ビルダー、ニュープリマス市民、全ての力が一体となったからだと思う。

この様な本格的な茶室はニュージーランドに無いはずだ・・・。

先週上棟式が行われた。この様子は現地新聞でも一面で報じられた。

 

 

参加者は渡邊商店瓦職人、建築士のTSデザイン土屋さん、竹下建設、棟梁、副棟梁、大工 現地ビルダー、ニュープリマス市民などが参加し行われました。

南半球は意外と寒かった、朝は上着が必要なくらいで、白い息が出る時もあったくらいだ、しかし日中は日差しが大変強く、日本の夏のように湿度が無い為、肌がジリジリ焼けてしまう。

サングラスと日焼け止めは手放せない。

 

 

 

棟梁が音頭をとった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瓦の奉納

2008年12月11日

ニュージーランドより

屋根が完成まじかです。ニュージーランドより。

 

 

 

 

 

 

2008年11月27日

ニュジーランド茶室上棟

New Zealandのプロジェクトの茶室が上棟した。弊社職人は4日~渡航し現場に

入る予定になっている。

写真は11月27日の状況です。

思ったより早くできてます。

ありがとう土屋さん!!

2008年11月 7日

茶室が到着!

先月、三島市の姉妹都市であるニュージーランドのニュープリマス市に発送した茶室の建築資材が到着した。通関も無事クリアし現場に搬入された。始めは燻蒸や通関が心配でしたが、現地の土屋氏によれば、スムーズだったとの事です。茶室コーディネーターの土屋建築士が写真を現地からiphoneより送ってくれました。

倉庫に到着したところ。

のし瓦、割れていません。

現場にパレット搬入

ブルーシート養生

とりあえず瓦は完璧!!

ありがとう!!!

2008年10月20日

ニュージーランド現場状況

ニュージーランドの現場状況だが、現場の関係者の方が視察に行きましたので報告いたします。現場は写真のように工程通りに擁壁の工事がすすんでいる。

下 現場の南側の擁壁部分、ニュージーランドでは擁壁工事は型枠を使わないようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地の作業員がコンクリートを流しこんでいます。ニュージーランドは建設労働者はやはり原住民のマホリ俗を使うのが多いのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場はかなりの高低差があるので頑丈な擁壁が必要になります。コンクリートも大量に必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄筋の緊結部分を写真で見せていただいたが、鉄筋の太さや工法は日本の施工方法と大差は無い様に感じました。