メイン

2・現在施工中

2014年10月11日

青蓮院門跡 大護摩堂青龍殿 落慶法要

青蓮院門跡 大護摩堂青龍殿 落慶法要に出席させて頂きました。
DSCF4318.jpg

数千人の参加者です。順番に並びます。

DSCF4335.jpg

完成した清水の数倍ある檜舞台、おおきいですね。千人は収容できるとか絶景ですね。

DSCF4328.jpg

DSCF4337.jpg

お世話になった設計士の先生も着物姿できまってました。先生ありがとうございました。

DSCF4323.jpg

天台宗の僧侶の方々をはじめ、財界の方々が出席されておりました。

DSCF4345.jpg

奥には国宝青不動が鎮座しています。

DSCF4346.jpg

皇族のお寺ですので三笠宮彬子女王殿下をお迎えし始まります。

DSCF4361.jpg

多数の出席者です。

DSCF4375.jpg

こちらが国宝青不動です。最後に近くで見る事ができました。

DSCF4385.jpg

その後レセプションが行なわれました。

DSCF4397.jpg

三笠宮彬子女王殿下のご挨拶

DSCF4408.jpg

お世話になった青蓮院 執事 東伏見様 同じテープルには駿府城坤櫓の工事でもお会いした土屋金属工芸さんもいらっしゃいました。

DSCF4412.jpg

本当にお世話になりありがとうございました。青蓮院門主様

 

2014年9月 8日

日本経済新聞web版に現在工事中青蓮院の記事

日本経済新聞web版に現在工事中の青蓮院門跡 大護摩堂 青龍殿の記事が掲載されておりましたので報告させて頂きます。

今回の工事では、青蓮院門跡さまと御縁でお寺様と大護摩堂 青龍殿の屋根瓦工事を分離受注しております。熱い時期の工事となりましたが、皆様のご協力によってここまでこれました。あと少しです頑張りましょう!
青蓮院.jpg

リンクは切れる可能性がございます。日本経済新聞記事

産経新聞にも紹介されており、記事がこのように紹介されています。産経新聞記事より引用

京都市東山区の青蓮院は3日、東山山頂の将軍塚にある飛び地境内で完成間近の護摩堂「青龍殿」(同市山科区)を一部報道陣に公開した。木造大舞台が設けられ、10月4日の落慶法要に向け、仕上げの工事が進んでいる。

Z20140903GZ0JPG003010001000.jpg

大舞台は標高約200mにあり、広さは清水寺の「清水の舞台」の約5倍に当たる約1050平方m。千人ほどを収容可能。鴨川や京都御苑(同市上京区)など市内の名所を一望できるだけに、人気を集めそうだ。青龍殿の参拝用の建物は、間口約26m、奥行き約20m。大正時代に京都市上京区に建てられた和洋折衷の道場を移築しており、樹齢約200年のヒノキの柱12本が使われている。

Z20140903GZ0JPG003028001000.jpg

10月8日から12月23日まで、国宝の仏画「不動明王二童子像」(青不動)を一般公開する。

Z20140903GZ0JPG003044001000.jpg

写真は産経新聞社の記事より引用

2014年8月20日

山梨県 身延町 良円寺 上棟式

弊社とも親交が深い山梨県身延にある良円寺に行ってきました。
良円寺さんは隣にある本遠寺(ほんのんじ)重要文化財の塔頭の寺院。
IMG_5102.jpg

上棟に向けて朝から準備です。

IMG_5110.jpg

祭壇も準備完了です。

IMG_5115.jpg

檀家様が大勢みえての式典が始まりました。

IMG_5142.jpg

住職様のお経が始まりました。

IMG_5285.jpg

宮大工の棟梁と棟木を清めます。

IMG_5303.jpg

重たい棟を一度足場まであげます。

IMG_5311.jpg

棟木を取り付けます。

IMG_5347.jpg

宮大工さん住職さんと最後に記念撮影させてもらいました。

2014年8月 2日

京都府 天台宗 青蓮院門跡 大護摩堂青龍殿建立工事

お世話になっています。国宝の仏教画で秘仏とされる「絹本著色不動明王二童子像」(青不動)でも有名なの京都府 天台宗 青蓮院門跡 大護摩堂建立工事を紹介します。現在は大工工事中で静岡の宮大工さんが、完成に向け日201312112121451211shourenin.jpg々頑張っております。京都の仕事で静岡の職人が手がけるのは、目面しいですね。今回設計の先生のご縁で、この工事に直接携わる事ができました。

青蓮院は門跡(皇族・貴族が住職を務める特定の寺院)で天台宗京都五門跡 の一つとなります。 又 皇室とはは親戚で 前門主、東伏見慈洽(ひがしふしみ・じごう)さんは天皇陛下の叔父で昭和天皇の妻 香淳皇后と姉弟となり、皇室とも繋がりの深いお寺です。 天明8年(1788年)、天明の大火で内裏が焼失した折、仮御所にもなった事から粟田御所とも呼ばれているお寺でもあります。

今回青蓮院様では東山山頂の飛び地境内に大護摩堂建立する事になり、こちらの屋根工事でお世話になる事になりました。実はこちらの建物新築ではなく移築し復元する工事で、北野天満宮の近くにあった大正時代に建てられた京都府警の武道場「平安道場」を移築して外陣とし、内陣に護摩壇を備え、斜面に面した北側には、長さ約40メートルの外部護摩壇を設けるという大きな工事です。

63b4a2656d14ed14a7287c2128232d96.jpg

東伏見慈晃門主は「この事業は、戦前の大日本武徳会の京都支部道場の平安道場であったものを解体移築して、大護摩堂として保存再生する事業です。この建物は、奈良の大仏殿の横幅半分ほどの大きさの、木造総檜造りの大武道場です。戦後マッカーサー占領後、建物は取り壊しを免れ、京都府の管理下におかれ、京都府警の警察官の柔剣道の道場として長く使用されていました。しかしながら大分以前から雨漏りの手当てが悪く損傷が顕著となり、結局、京都府は破棄処分としてしまったため、保存運動が起きていました。ところがこの保存運動が暗礁に乗り上げ、縁があり私の方に話が回ってきました。現物を専門の先生と一緒に見たところ、木造大建築の文化財級の建物で、破棄することはあまりにも惜しいと感じました。またマッカーサーが壊さなかったものを、日本人の手で捨ててよいのか。それも武道というもっとも日本の精神を顕す舞台であったわけで、その精神を踏みにじるものとも思えました。青蓮院では、本物の青不動さまをおまつりするお堂の建立を、東山山頂の飛び地境内、将軍塚に計画しておりました。それだけであれば、それほど大きな建物は必要ないのですが、なんとかこの大武道場の建物を護摩堂に活用して保存しなければとの強い思いに至りました。」と語っております。

DSCF3965.jpgDSCF3618.jpg

「平安道場」は京都府からの無償譲渡を受け 京都府の承認、そして京都市の外部の審議会に計って建築の承認を得た建造物だとか。また「清水の舞台」の約5倍の広さの木造大舞台(1046平方メートル)を設け、標高200メートル以上の境内からは京都市内を一望することができます。

DSCF3572.jpgDSCF3626.jpg

京都がこのように一望できます。

DSCF3621.jpgDSCF3641.jpg

使用している瓦は奈良産の瓦でこの工事の為に復元した瓦です。

DSCF3656.jpgDSCF3659.jpg

施工は平成の工法で縦桟工法を採用しております。

DSCF3673.jpgDSCF3682.jpg

掛瓦の取り付けです。宮大工さんの美しい蓑甲の下地に合わせて施します。

DSCF3687.jpgDSCF3745.jpg

巴ですが三つ巴で数珠の無い巴を復元しております。

DSCF3787.jpgDSCF3788.jpg

復元した鬼瓦の据付です。本体と足と3つに分かれます。重いですよ!

DSCF3798.jpgDSCF3844.jpg

ジャンパーを着て作業してますが・・・・実は噂の空調服ファン付きです。職人さんはこの涼しさはやめられないだとか

DSCF3853.jpgDSCF3876.jpg

京都の文化財級の工事です。いつもと同様気合を入れて工事します。

DSCF3884.jpgDSCF3892.jpg

大棟は一部板金ですが、鳥居を使用し工事します。

DSCF3900.jpgDSCF3926.jpg

右の写真は、空調服使用の職人さんです。写真は冬のようです・・・

DSCF3950.jpgDSCF3916.jpg

暑い中お疲れ様です。完成に向けがんばりましょう

DSCF3946.jpgDSCF3965.jpg

2014年7月12日

静岡市文化財 興津清見寺 山門工事

お世話になってます興津にあります清見寺様の山門工事です。

seikenji4.jpg

修復前の山門(静岡市指定文化財)
P4280385.jpg

こちらが今回弊社原川が復元した鬼瓦 特徴のある姿をしています。

P4280393.jpg

3枚甲の蓑甲の復元です。桟瓦も平成の改修分で不足分新規作成させていただきました。

この山門は文化財ですので、先生から指示のあった寸法の瓦を復元しております。

今回復元には文化財の瓦などを手がけている奈良県の瓦センターにお世話になりました

P4280386.jpg

銅板がまだ眩しいですが、だんだん味がでてきます。素屋根が無くなってすっきりしました。

P4280388.jpg

明治時代の作品かと思われます。瓦は長くもちますね。

P4280391.jpg

こちらは新設側瓦の留め蓋 蓮の花が美しく彫られていますね。

文化財の工事は古い技術と新しい技術の融合ですね。

お世話になった、静岡市の方 宮大工さん 文化財の先生の皆様ありがとうございました。