メイン

5・職人技

  • 1

2013年8月 6日

のし瓦選別機

今回紹介するのはのし瓦の選別する機器です。(自作)です。お寺や神社の屋根は曲線が多い為、棟に使用するのし瓦は、曲がったのし瓦が必要です。
 DSCF1204.jpg

写真はわかりにくいですが、2つの計器が搭載されていて一度に2ヶ所の選別ができます。

DSCF1203.jpg

赤鉛筆でその曲線に応じた番号を記載していきます。

DSCF1205.jpg

番号にあわせて選別して積み重ねていきます。

2008年2月 1日

職人さんの技

見てくださいどですか?トップよりお入りください。
寺 金剛組 塚本工務店 松永建成 松永建匠 門奈建立  丸寿瓦工業 石野瓦工業 山本瓦工業 飛鳥工務店 
天峰建設 三井住友建設静岡支店 菊池建設 亀山建設 石川木材 清水鈴木瓦 TOKAI住宅部  
カナメ 銅板屋根 銅板葺き 金属瓦 小野工業 静岡鉄道 静岡観光サービス 川井 敏行 チーム前野 織田工務店 オレンジハウス すろーらいふ 秋山木工 増田千次郎建築事務所 川祥建設 静岡青年会議所 藤枝青年会議所 ライオンズ ロータリークラブ テレビ夕刊 静岡放送 SBSマイホームセンター サンワホーム 静岡朝日テレビ 取材提供 海外プロジェクト 
建築ジャーナル 望月敬生建築設計室/歴史建築設計研究体 サクラシステム オマハ会 茶室建築 カナメ金属屋根 杉山工務店 島田 成岡工業 

2007年12月 7日

現場でのリスクアセスメント


 建築業界ではリスクアセスメントという言葉が、最近、あちこちの分野で聞かれるようになりました。文字通り解釈すれば「危険性 ( リスク ) の事前評価 ( アセスメント )」ということになります。産業安全、労働衛生の分野では、労働者の就業に係る危険性又は有害性 ( リスク ) を前もって見つけだし、それがどのくらい危険・有害であるかを評価したうえで、その評価に基づいてリスクを低減するための対策を検討するという一連の流れをさします。


では、今何故、リスクアセスメントが必要なのでしょうか。それは、科学技術の進歩や経済的な発展により、生産工程の変化と複雑化し、それに伴う労働災害の原因の多様化したことに理由があります。



従来、労働者の安全や健康の問題が起きないようにするための管理は、多くの国において、法規制で行われてきました。しかし、法律を制定するには、化学的にも明らかな事実が分かっていることが必要であり、実際の被害が発生した後でないと規制が実施できないなどの問題がありました。つまり、対策が後手にまわることが多く、さらには、作業工程の多様化や使用される設備や原材料、化学物質等の数が膨大になり、安全管理や衛生管理を法規制にだけ頼ることでは不十分なことは明らかになったからです。



このため、より一層自主的な責任ある行動が必要との認識にたって、実際に屋根の作業により起こりうる可能性のある有害・危険性の程度 ( リスク ) の程度を見積もり、その結果から得られるリスクの大きさを評価して、その程度により管理の内容を決めていくリスク管理が、より一層、経営管理として重要になってきました。


2006年11月11日

ビデオで安全大会

DSC00281.jpg ビデオ鑑賞

渡辺商店安全衛生協議会開催

DSC00285.jpg 毎年年一回行われる安全衛生の協議会を開催いたしました。
趣旨といたしましては、職人さんの教育、安全に対する意識の向上、ビデオによる安全教育をおこないました。

  • 1