« 浜松市北区の屋根 | メイン | 歴史的建造物の保全・活用とまちづくり »

駿府城坤(ひつじさる)櫓の鯱取り付けメディア取材

30日に行われた坤(ひつじさる)櫓の鯱取り付けですが、たくさんのメディアのかたが来ておりました。

下静岡新聞さんの記事(クリックで大きくなります) 

青いヘルメットが弊社の職人の川添君、白いヘルメットがアスカさんの職長です。鯱が据わり屋根工事はこれで完了となります。3ヶ月間と長い屋根工事でしが、事故もなく良かったと思います。関係者の皆さんありがとうございました。

今年度末の完成が楽しみです。残りの工事の左官屋さん大工さん頑張ってください!御安全に。

syachishinnbunn.jpg

弊社の社長がテレビにでてしまいました。。。(静岡第一テレビ)

 

SBS静岡放送

静岡市葵区の駿府城公園で建設が進められている坤櫓に30日、しゃちほこが設置された。1体約150キログラムのしゃちほこは、44年前に巽櫓の近くで出土した青銅製のしゃちほこを復元したもの。目には金箔が張られているほか、表面には、劣化を防ぐため、古色仕上げが施されている。鯱束と呼ばれる木製の芯を削り、約1時間かけて固定した。総工費約6億3千万円をかけて、2011年から事業が進められている坤櫓は、今後、内装工事や周辺整備が行われ、2013年度末に完成、2014年4月に一般公開される予定。(NNNニュースより)

« 浜松市北区の屋根 | メイン | 歴史的建造物の保全・活用とまちづくり »