« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月 アーカイブ

  • 1

2013年6月23日

駿府城坤櫓復元工事、組合見学会

先日、静岡市の駿府城公園内に建築中の駿府城坤櫓において、静岡県瓦工事業組合の現場見学会が行われました .

IMG_1362.jpg

この工事は、東京都の老舗瓦店アスカ工業さん(全国瓦工事業連盟理事長 山田 勝雄)が請け、組合青年部さんも工事に携わっていた為、県組合さんが主催しました.

IMG_1367.jpg

3日続いた雨の後の晴れの日だったため、欠席してしまった方もいらっしゃいましたが、総勢23名と多数の参加者でした.

IMG_1371.jpg

弊社の職人も当日屋根上で作業していましたので、同業の組合会員さんが見学にこられるとのことで大変緊張しておりましたが、始まると参加者と質問などかわし和気藹々な感じでした。

IMG_1372.jpg

今回の工事は平成の工法を取り入れ、アスカ工業さんの職長指導の元、棟の補強などは、ガイドライン工法で行っております。ガイドライン工法はお城やお寺だけでなく、一般住宅でももちろん採用できますので、お勧めですよ。

IMG_1365.jpg

写真左 弊社の職人さんと一緒に工事してくれた、組合青年部の西村氏『瓦職人はじめ』といった名前でも静岡では有名な職人さんです。

今日は特別に出席されたそううです。急がし中ありがとうございました。

 

2013年6月11日

長州産業40kwマンション設置

DSCN3464.jpg

墨出しを間違えないようにします。

DSCN3469.jpg

ハンマードリルで穴あけをします。この時音がかなり出ますので、入居者への周知徹底を確実に行わないとクレームにつながります。

DSCN3471.jpg

架台を組み配線します。

DSCN3474.jpg

完成

DSCN3476.jpg

 

清水の寺 書院屋根

現在お世話になっている書院の屋根工事です。

DSCF8270.JPG

弊社では白南蛮を使用しています。写真ではわかりにくいですが、職人さんの安全帯にはフックステッカーといって、遠くからでもフックを使用していることが確認できるステッカーを装着しています。

DSCF8237.JPG

屋根の全体風景です。桟瓦葺き(縦桟工法)掛瓦には紋入りの本掛巴を使用しています。紋は破風の現寸をとりさぐり工法で紋がまっすぐになるよう施工します。

DSCF8275.JPG

大棟です、きれいに積みました。弊社ではそりのしを使用します。

 DSCF8224.JPG

職人さん真剣です。

DSCF8317.JPG

三つ葉葵の紋です。鬼瓦は弊社で作成いたしました。こちら

  • 1