« アメリカ駿府門 メンテナンス | メイン | 緊急報告朝礼 »

長州産業40kw

いつもお世話になっております。静岡最大手ガス会社様のお仕事で、マンション7階屋上に設置いたしました。

まずDSCN2520.jpg、1回でパネルの荷揚げしてしますと、屋上養生が大変になりますので、9kぐらいに分けて荷揚げをします。

レッカーの出動回数が増えますが、安全第一で行います。

今回瓦用ハンガーホークで荷揚げさせて頂きました。

写真はモジュールから製造番号バーコードを外しているところです。


DSCN2522.jpg

今回は敷地内でラフテレーンクレーンラフタークレーンとも呼ばれてる10トン車を用意させていただきました。

孫のブームを出していっぱいです。

クレーン作業は第三者への災害が起こりやすいので、細心の安全配慮が必要とされます。

まずレッカーのオペレーターの方に、安全作業指示書を渡し、法令点検が行われているか確認いたしました。

作業前点検を行いオペレーターの方も安全朝礼に参加していただきました。

初日の作業は、荷揚げとなり 元受ガス会社現場代理人1名作業員 職長を頭に5名、

作業前にリスクアセスメントを取り入れたKY(危険予知)を第三者災害をも含め全員で行いました。

 

架台設DSCN2538.jpg置をいたしました。長州産業の場合縦ラックにモジュールを固定します。

ケミカルアンカー施工後 寸切ボルトを差し込みます。この時防水の為アスファルト系のRAシールを使用しております。

全体的に屋根に凹凸があるので調整しながら、レベルで平らをとります。

高所作業の為案全帯を使用を元受さんの作業指示書に従い使用しておりますが 安全帯が架台にひっかっかたりして大変そうでした。

DSCN2539.jpg

 

写真は9kw部分です。高いので夕日がきれいです。

DSCN2542.jpg

全体写真です。終わりが見えません。5日間の安全作業となりました。

 

 

« アメリカ駿府門 メンテナンス | メイン | 緊急報告朝礼 »