« 陸屋根シャープ | メイン | テレビ静岡の取材を受けました。 »

日本ミツバチ

DSCF3776.jpg

現在屋根の葺き替え工事をさせて頂いている。A寺です。屋根の上に仮設屋根があり雨の日でも問題なく作業できます。

今日は日本ミツバチが鬼瓦から出てきました。鬼瓦の裏の隙間に巣をつくっていたみたいです。

職人さん達は刺されないように巣を取り出しまして蜂蜜を頂いてみましたが、鬼瓦の中の蜂蜜絶品でした。ローヤルゼリーもありました

日本ではニホンミツバチ、セイヨウミツバチの2種が飼育(養蜂)され蜜の採取が行われている。また作物受粉にも広く用いられるが、トマトピーマンなどのナス科果菜類は蜜を出さず特殊な振動採粉を行うためミツバチではなくマルハナバチ(ミツバチ科マルハナバチ属)が使われる。 セイヨウミツバチの養蜂においては規格化された巣箱を用いて大規模な採蜜が行われるが、ニホンミツバチの場合は野生集団を捕獲して飼育し採蜜の際は巣を破壊して搾り取ると言う伝統的な手法が主であり蜂蜜の流通量も少ない。 Wikipediaより 

DSCF3777.jpg

« 陸屋根シャープ | メイン | テレビ静岡の取材を受けました。 »