« 2010年8月 | メイン | 2010年11月 »

2010年9月 アーカイブ

  • 1

2010年9月21日

葺き替えプラス太陽光

静岡県では定評のある某T社環境エネルギー部のお仕事です!。葺き替え+太陽光です。

夏の猛暑の中職人さん本当に頑DSCF0278.jpg張っていました。ご苦労様です

今回は三州の陶器和瓦が葺いてありましたが、クライアントより葺き換えて屋根を軽くし、太陽光を施工したいとの事でしたので、葺き替えにカラーベストの案もありましたが、耐久性や外見イメージを考慮し、三州の東洋のトラッドⅡ防災を採用していただきました。

ありがとうございます。

まず屋根瓦を丁寧にはがします。この瓦は昭和50年代に流行したハイシルバー和瓦です。

弊社職人と、産業廃棄物収集運搬の職人さんと協力して猛暑のDSCF0276.jpg中作業させて頂きました。 

トラッド2で全体の3割近く軽くなる計算です。丁度太陽光が乗って2割程の軽量化となります。

野地板も太陽光パネルが載る部分のみ12ミリの構造用合板に変更します。

その後支持金具を取り付けながら瓦を葺いて、パネルを載せて完成です。

瓦工事と支持金具を同時進行で行う利点は、瓦の釘留めが、通常の瓦施工後に支持金具を取り付ける工法より確実にできるからです。瓦屋さんならではですね!! DSCF0280.jpg

直接の工事ではないのですがお客様は静岡の静岡石油さんで、石油などの販売と共に静岡でリフォーム事業などを幅広くされておられる会社様。

今回工事させて頂いて社員の方の対応が職人私たちまで大変丁寧だったのが印象的でした。

今後太陽光発電の販売も力を入れていくようですね。

今後とも宜しくお願いします。

100821_163416.jpgまもなく完成です。太陽光パネルは三菱のダイヤモンドソーラーです。

軽量瓦とマッチしてますね!

カワラマンの瓦

縁あって、淡路島のカワラマン山田脩二さんの瓦を某掛川市のK組さんの元、葺く仕事をやらさせて頂きました。

F0309.jpg今回初めてお仕事させて頂きました。本当にありがとうございました。現場監督さんの温かく鋭い目線での現場管理は、素晴らしく、まだまだ勉強しなくてはいけないなと思う現場でした。これが本当の現場の監督なんだと実感されました。

山田さんは、フリーのカメラマンから、手づくりで瓦を製造する瓦マンになったという珍しい経歴の方であります。

実は弊社にも元カメラマンの瓦葺き師がおりまして・・なんかご縁があるのかな?!

風合いのあるいDSCF0310.jpgぶしの瓦は、落ち着きますね。今の瓦は工業製品に近くなってきましたので、風合いといった部分では、山田脩二さんの瓦は、味ががありますね。淡路瓦特有のはけ土のやわらかいいぶし銀色が瓦1枚1枚に表情を出しています、そこが、味(風合い)の出るポイントだと思います。

まだ外壁が防水シートで覆われておりますが、瓦だけ見ても非常に美しいです。こんな立派なお宅に住めるお施主様がうらやましです。

この瓦を仕様書に入れた建築家の小澤義一さんもなかなかこだわった建築家の方です。このような瓦を扱えて非常にうれしく思っております。

今後も日本の伝統の瓦屋根を残していきたいと思います。

  • 1