« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月 アーカイブ

  • 1

2008年5月31日

ヒデホームズさんがログハウス展示会を開催

ヒデホームズさんがログハウス展示会を開催いたしますのでお知らせ致します。弊社も協力させて頂き、オリジナルの絵皿の絵付け体験を会場で行います。また、今回はなんと!ログセルフビルドスクールも同時開催なのです!

ヒデホームズさんは、ログハウスの瓦屋根工事でお世話になる事が最近多くなってきました。現場担当スタッフの部長Mさんも、常に相手のことを考える、相手思いの思いやり精神で、下請けの私達も大変仕事がしやすいく、気持ちの良い会社様です。


セルフビルドをお考えの方はもちろん、ログハウスに興味はあるけどセルフビルドまでは…という方も、ログハウスについての知識を得るまたとない機会です。是非足をお運び下さい!お待ちしております。

ヒデホーズさんのホームページはこちら



2008年5月24日

高木園 




2008年5月21日

『所さんの目がテン』放送決定

『時代が変わればお茶も変わる!お茶の科学』のタイトルで放送される事が決定いたしました。

●放送日 2008年5月25日(日)朝 7:00~ 全国 日本テレビ系列

以前ブログでも紹介させていただきましたが、弊社原川が鬼師としてお茶もみを協力させていただきました。

2008年5月10日

S福寺(袋井市)鬼瓦上げ

 

遅くなってしまったが、先日袋井市のS福寺さんの本堂の鬼瓦を上げた。鬼瓦は2枚目の写真のように、細かく分けて作られている。しかし2人で支えるのにかなり重たいので時間がかかる。今日も鬼瓦を据えるのに1日がかりだ。

 

 

 

 

  

鬼瓦、経の巻きと言う種類だ。写真のようにいくつかに分けて作られる。 理由はいくつかあり、まず 大きさの問題で、鬼瓦を鬼師の職人さんが造りあげるプロセスで、大きいと乾燥に時間がかかりひび割れなどをおこす可能性が非常に高いのだ。

あと大きいと窯に入らない事があったり、焼きむらがでたりします。この様な事を総合的に判断して現在 セパレートの鬼瓦(大棟)が社寺では主流である。

 

  

 

大きさが、焼いた時に微妙にずれてしまう為、ベビーサンダーで調整します。そして銅線とステンのボルトで固定します。銅線は特殊な樹脂でコーティーングしますので酸化を防いでくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『日本人なら瓦屋根』プロジェクト

 

株式会社山平さんから面白いプロジェクトを教えて頂きました。 

このプロジェクトは、福島県いわき市の株式会社マルエイさんが消費者の方に陶器瓦の良さをPRするために、企画されているそうです。すばらしい!その一つに、シナトラというロックバンドに『日本人なら瓦屋根』といった曲をプロデュースされていました。今、屋根の建材が多様化する中、少しでも陶器瓦やいぶし瓦の良さがをエンドユーザーの皆様にPRする事はとても大切な事だと思い弊社でもご紹介させていただきました。    

株式会社マルエイさんではシナトラさんのCDとオリジナルTシャツを販売されておりました。ホームページ

 下 youtubeアップされているシナトラさんのライブ映像です

  • 1