« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月 アーカイブ

  • 1

2008年1月23日

掛川竹の丸

先日現場に立ち寄る事があったので、現場の前に掲載しております、完成予想図を写真に撮ってきました。写真(イラスト)入りの予想図ですので市民の方々に大変わかりやすく掲示しておりました。こちらの工事は現在、既存の躯体などを残して、改修工事の真っ最中です。住宅工事の”まるごとリフォーム”ってとこでしょうか、しかし規模は全くこちらの方が大きいですが。

弊社でも御世話になっている、静岡県でも有名なあの設計士さんが携れています。この手の工事は今までの経験と実績が無ければなかなか絵が書けないでしょうね。公共施設と文化財との融合ですから。。。

しかし、最近の工事看板はきれいですね、大判プリントの住友スリーエムのスコッチプリントなどが出てきてから、工事看板などが鮮やかになってきましたね。耐侯性などにもすぐれているので弊社のアクトロスもスコッチプリントで施工してあります。先日ちょっとした補修をし、上から3年前にプリントした物を貼ったのですがほとんど色落ちしておりませんでした。すごいですね。

さて工事現場の中ですが、前回お邪魔した時よりもかなり進んでおりました。 仮設の屋根がかかっておりますので雨が心配ないのが良いですね。

なぜかと説明いたしますと、雨養生が要らないのは当たり前なのですが、なんといっても、ゼネコンさんや元請さんが1番気を使う工期が守りやすくなれることなのです。

しかし静岡県では公共物件などでないと、鞘(仮設屋根)を架けていただけないケースが多いのが現状です。 

ふすまなどは外されて現在壁の下地が見えてる状態です。竹の丸は日本画などが、建物の内に描かれていたところもあり、建築当時としては大変優美な 建物だったのではないでしょうか。

屋根工事がはじまるまであと少しです。。!

 

 

 

 

 

.

2008年1月19日

袋井市 S寺 ○山建設さん

現在平行して宮大工さんよる蓑甲を作っていただいております。蓑甲(みのこう)というのは入母屋屋根(いりもややね)の破風面(はふめん)などに現れる屋根の曲面部分の事を言います。

蓑甲は従来の斜め野地ではなく、元請さん密な打ち合わせにより通常通り 雛壇形状に仕上げて頂いております。蓑甲と一言で言っても大工さんや設計さんによって形状は様々で蓑甲の勾配が早かったり、遅かったり、蓑甲の落ちが豪快だったりします。社寺建築(神社仏閣)弊社では雛壇施工によってなるべく緩やかな優美な形状(まるで蓑の甲)になるように施工を心がけています。 

 ここに瓦がのりますが、敷き平、掛軒唐草、二の平、掛巴、蟹面戸、など瓦がのります。重さだけでもかなり重く、この重さに耐える日 本の社寺建築はすばらしです。

左写真の右したの破風の末端部が社寺の瓦工事で雨漏りが多いところ、私達は破風尻と言うが、納め方で漏水するか、しないか決まってしまう。このあたりの工事は、今まで社寺専門に屋根工事をさせていただいた実績が物を言うかもしれまん。職人さんの腕の見せ所です。施工図(原寸図)は必ず書いて工事しておりますので、職人さんまかせではありませんよ~。

 

2008年1月18日

袋井市 正○寺 本堂の屋根工事が始まりました。

正福寺 本堂の屋根工事が始まりました。

只今ルーフィング工事です。ルーフィングは改質ゴムアスファルトです。瓦棒は赤味のかかった腐りにくい杉材を使用しております。

現在袋井市上山梨正○寺所蔵の梵鐘は、静岡県の文化財にもなっており、もとは他の寺のものだったのが、明応の津波で流され、天正年間砂浜に埋もれていたのを見つけ、その年の火事で焼けた寺を再建するために、森村一宮に売られ、それが正福寺に伝わったものであるようです。文明六年(1474)3月5日に引馬徳阿弥陀仏が勧進し、赤佐(浜北市於呂)の大工藤原次守が鋳造したことが記されていました。

右の写真の中に縦に流してあるのが縦桟で、ルーフィングに水が流たまらないように施工しております。下地工事だけでも1週間はかかってしまいます。

2008年1月15日

川祥建設さんホームページにリンク

御世話になっております、静岡県 富士市 伝法にある川祥建設さんのホームページにリンクをしていただきました。ありがとうございました。川祥建設さんは、天然素材などにこだわり、特に陶器瓦の工事では大変御世話になっております。

社員さん(監督)さんも大変感じの良い社員さんばかりで、会社に営業でお邪魔しますと、大変気持ちが良い会社です。特に昨年は、弊社と同じ祥栄会で、会長の (株)川島左官 川島進 代表取締役社長が厚生労働大臣 より“現代の名工”左官工芸の部門で表彰されました。

プレカット工場や、中国の支店などを展開しており、富士市では、大変注目されている企業です。

代表取締役>> 川添 義浩さんは住まいづくりのコンセプトを、資産価値ある住まい、などとホームページでも公開しています。

弊社(渡邊商店)のバナーは川祥建設さまホームページの一番下にございますので宜しくお願いいたします。

川祥建設のweb担当者様リンクを貼っていただき誠にありがとうございました。 本年も宜しくお願いいたします。

  • 1