« 2007年6月 | メイン | 2007年8月 »

2007年7月 アーカイブ

2007年7月31日

藤枝市 辻工務店の紹介

御世話になっております。藤枝市にある辻工務店を紹介させていただきます。 辻工務店は天然素材にこだわり、常に夢と感動を提供できる住まいづくりを心がけてるいます。

弊社は屋根瓦工事を御世話になり、特に瓦割りについては厳し sss01.jpg くして頂いております。ハウスメーカーなどにはないこだわりを持ち、屋根だけでも3回~4回の打ち合わせを行い、お施主様感動のために時間を惜しみません。 辻社長やスタッフ大変フレンドリーな方で、常に業者とお施主様の立場に立って考え動いてくれます。そして平成18年にはネパールヒマラヤ登山隊に参加するなど、プライベートでもフランクな方です。家は一生に一度の大きな買い物です。建ててからもお付き合い頂ける工務店で建築なさるのもよいかもしれません。

以下辻工務店ホームページより
住まい手側の立場にたって考えた時、本当に”快適”で”愛着”が湧いてくるような住宅とは少ないものです。それは販売する側から、何が ”快適”で何が ”良い”ものなのかを画一的な理論によって一方的に押し付けられているからに他なりません。そのような状況の住宅業界の中で、わたしたちは常に自分がすまい手側の立場に立ち、「何を求めているのか?」ということを考えお客様にご提案しています。すまい手側の感性とプロの技術、提案力。これが結びついた時初めて押付けの画一的な良い家ではなく”好い家”ができると思っています。
わたしたちは、機能や性能の数値を満たす箱を作る、大きな「ハウスメーカー」ではなく、生活を包み込む好い器を創る小さな「技術屋集団」でありたいと考えています。

2007年7月30日

渡辺商店社長の脳内

nounai.jpg  

脳内メーカーって知っていますか?
脳内メーカーは先月から始まって、ネット上でブログやmixiなどで見たことがある人もいると思います。
そこで、脳内メーカーを試してみた。フォームに名前を入力して、ボタンをワンクリック!
すると人の横顔の図が表示される。
脳に当たる部分に「愛」「遊」「秘」「悪」などといった文字が並びます。そしてこれが渡邊商店社長の脳内イメージになった。秘と食と欲が大半をしめている。開発者の話ですと、根拠や法則などは無く、あまり意味は無いようだ。

しかし当っている所も多く謎が多い脳内メーカーであった。 業者会議など社員のレクレーションなどで一度試してみては。

 

 

 

2007年7月28日

静岡市の姉妹都市米オマハ市からの訪問団

omahasan.jpg  静岡市の姉妹都市米オマハ市からの訪問団が26日来静し、松村英俊副市長らの歓迎を受けた。20人の一行は29日まで市内に滞在し、市民との交流や市内巡りを予定している。
 訪問団長を務める市議のダン・ウェルチさんが「姉妹都市の中で最も長期間交流している静岡市を訪問できうれしい。ここで過ごす日々を楽しみにしている」と期待を述べた。松村副市長は「交流は国境を超えて相互理解を深め、世界平和に貢献する」と願いを込めた。
 歓迎会の後、一行は駿府公園の東御門を見学した。静岡側の民間交流団体「オマハ会」が一昨年、提携40周年を記念して、オマハ植物園に3分の1スケールの「静岡駿府御門」を建立している。こうした両都市の交流が評価され、昨年、アメリカ国際姉妹都市協会特別賞を受賞した。
 27日は久能山東照宮や三保の松原などを巡り、28日は市民宅に半日滞在するホームビジットを行う。

静岡新聞より掲載

2007年7月24日

オマハ市より「2007オマハ訪問団」来日

DSCN2613.jpg この度、オマハ市の静岡市との国際交流関係者や植物園など関係者LauritzenGardensが2007年7月26日(木)~29日(日)の4日間、来静されます。オマハ会では歓迎会など開催される予定です。

渡辺商店では2005年の静岡鉄道会長 川井祐一さん率いるオマハ会 駿府東御門建設プロジェクトに参加させていただきました。右の写真はその時の様子です

オマハ会とは、市民・行政・企業の得意技のパートナーシップにより静岡市内にある駿府城址の東御門を静岡市の姉妹都市オマハ(USA)にある植物園内日本庭園にボランティア隊を送り、1/3レプリカ静岡駿府門(東御門)を2005年9月に日米友好合同匠ボランティア市民の手と汗で築造され姉妹都市40周年記念品として贈呈、今後も引き続き姉妹都市友好の絆を保ちつつ日本文化の紹介と日本庭園築造への支援協力を継承して行こうとの想いから立ち上がった任意団体です。
オマハ市姉妹都市交流協会との連携を密にし、催し等の情報交換、開示、日本文化の紹介等の御奉賛における企画運営管理、日本庭園の築造の技術的支援助言、交流協会並びにオマハ市との連絡調整等について姉妹都市としての交流の絆をより密にし、末永く発展するための支援活動を行っています。

2007年7月18日

G叟寺 藤枝市 本堂完成

藤枝市にある岳叟寺さんの屋根葺き替え工事が終り完成いたしました。完成写真がまだありませんでしたので今後撮影 shingakuji.jpg して掲載したいと思います。 岳叟寺さんは藤枝静夫 さんのお墓があるお寺として有名です。 

藤枝静男(ふじえだ しずお,1907年12月20日-1993年4月16日)は、作家医師。本名、勝見次郎。私小説の形をとりながら幻想的な状況を描き、虚実のあわいに遊ぶ作品が多い。

成蹊学園から名古屋旧制第八高等学校を経て、1936年、千葉医科大学(現在の千葉大学医学部)を卒業。勤務医生活を経て、1950年から浜松市で眼科医院を営む傍ら、志賀直哉瀧井孝作の影響下に小説を書き続けた。1968年『空気頭』で芸術選奨文部大臣賞、1974年『愛国者たち』で平林たい子文学賞、1976年『田紳有楽』で谷崎潤一郎賞、1979年には『悲しいだけ』で野間文芸賞を受賞。

生誕の地静岡県藤枝市では、毎年4月の命日に藤枝静男墓前祭「雄老忌」を開催している。この名称は作家小川国夫が命名したものである。2004年は4月18日、13回忌にあたる2006年は4月16日に開催され、藤枝市五十海にある菩提寺岳そう寺にて墓前祭を行い、同寺で小川国夫が講演をした。

現在、藤枝市では私小説の分野で特異の文学世界を構築した藤枝静男や内向の世代を代表する小川国夫などの文学世界を展示紹介する文学館を市民憩いの場所、蓮華寺池公園のほとりに建設中。2007年秋にオープン予定である。Wikipedia(ウィキペディア)記事より