お知らせ

弊社社名ないしは弊社に類似した会社名を名乗る業者に注意ください。
弊社は支店等は無く、弊社とは一切関係がございません。

また、訪問販売や訪問しての営業活動は一切しておりませんのでご注意ください。

現在施工中一覧へ

アメリカネブラスカ州で...

日本文化を伝える姉妹都市の交流プロジェクト5月に完成記念式典が現地で行われました...

小田原市では小田原城天...

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.g...

焼津市の孤雲院さんの客...

焼津市の孤雲院さんの客殿屋根工事が完成しました。鬼瓦も手作りで作成させて頂きまし...

清見寺(登録文化財)鐘...

お世話になった、静岡市興津の清見寺さんの鐘楼工事です。清水で生産された清水瓦で葺...




東海地震に備えて屋根(樋)を点検しませんか?

 

みなさん知っておりますでしょうか?阪神大震災以降、地震に対する様々な基準が変更されております。

阪神大震災以降 瓦業界では、様々な施工方法が見直され、安全を確保する工法として「ガイドライン工法」が確立されてきています。

最近の地震による瓦被害で誤解が多いのは、被害にあっている屋根は、阪神大震災以前の工法が多いからなのです。

IMGP1305.jpg

阪神淡路大震災以前の工法での被害 (写真 静岡駿河湾沖地震09年)

708f4604e0862d0f45428fb9a5e2eac9.png

従来の工法は葺土による接着工法のみで、耐震性が乏しい。

52af66ff5858e52ec526f9d2adae4280.png

ガイドライン工法では、内部に金属の補強を入れる事によって耐震性を上げ、葺き土を軽量の漆喰を使用する事によって軽量化にも成功しております。

弊社では、お客様に、今後の起こりうる東海地震に備え、屋根の棟のガイドライン工法に変える提案を行っております。

是非こちらまでお問い合わせください。 またこちらにわかりやすい動画がありますので、是非ごらんくだい。


静岡市の姉妹都市に友好の茶屋を建設

 

SBS静岡放送で駿府茶屋関連の放送がございました。オマハ使節団が来静中、渡邊商店鬼瓦工房にて鬼瓦にメッセージを入れて頂きました。100年後にこのプロジェクトが誰がどの様に携わったか瓦に残す事ができます。This is TV News shizuoka when people come for signed roof tile

Posted by オマハ友の会 (Omaha Club)Shizuoka Omaha International exchange organizations on 2015年11月8日
次郎長生家を活かすまちづくりの会 募金活動

次郎長生家を活かすまちづくりの会
募金活動


太陽光発電パネル据付工事専門 ハイブリット職人
郷倉窯
渡邊商店BLOG
ニュージーランド茶室建築
感謝祭